大山ジビエとは

大山町内にある4つの猟友会の中の有志が集まり立ち上げた「大山ジビエ振興会」が運営する、獣肉解体処理施設が「大山ジビエ工房」です。
主にイノシシを主として解体するために作られており、近隣で捕られたイノシシはここへ運ばれて解体され、精肉として販売されます。

大山ジビエ振興会

会 長 安達忠良
副会長 米本隆記 / 高見秀雄
事務局長 山下一郎
会員数 12名(令和3年3月現在)
所在地 鳥取県西伯郡大山町羽田井1419-226
電話 0858-33-5738

HACCP適合施設

HACCP適合施設の認定を受け、更にHACCPシステムを維持・向上させていくことにより、今後とも安心・安全な食品を提供致します

トレーサビリティについて

大山ジビエ工房では施設にて加工したすべてのジビエについての情報をHPにて公開しております。
さらに情報が必要な場合や問い合わせの場合は問い合わせフォーム、もしくはお電話にて連絡ください。

PAGE TOP